特定不妊治療費の助成

[概要]

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けているご夫婦の経済的、精神的負担の軽減の負担を図るため治療費の一部を助成しています。

[支給内容]

体外受精または、顕微授精に要した費用から富山県不妊治療費助成事業で助成された額を減じた額で、1年度あたり50万円を上限として助成します。(年度とは、毎年4月から翌年の3月までの期限をいいます。)

[対象者]

以下の条件をすべて満たしているご夫婦

  • 夫婦の両方またはいずれか一方が氷見市に住所があること。
  • 富山県が指定している医療機関で特定不妊治療を受けていること。
  • 体外受精、顕微授精以外に妊娠が望めないと主治医が判断していること。
  • 法律上の夫婦の妊娠を目的とし、配偶者以外からの精子又は卵子の提供を受けないこと。
  • 対象者及び同一世帯全員が市税を滞納していないこと。
  • 富山県の特定不妊治療費助成の決定を受けていること。

[申請できる人]

対象となるご夫婦

[申請期日]

原則として、治療が終了した日が属する年度の末日(毎年4月1日から3月31日までの期間)

[手続きなど詳しくは]

「氷見市不妊治療費助成事業(氷見市サイト)」または「富山県特定不妊治療費助成事業(富山県サイト)」をご覧ください。

氷見市不妊治療費助成事業(氷見市サイト) 富山県特定不妊治療費助成事業(富山県サイト)

子育て応援情報

「ひみ子育てナビ」をシェアしよう
  • つぶやく